葬儀のことを市役所に相談できない時

市役所による葬儀のサポートサービスは多くの役所で導入されるようになってきてはいるのですが、いまのとことすべての市役所でそれが導入されているということにはなっていません。不幸にして自分が住んでいる市町村の役所ではその制度が導入されていない場合には困った状態になってしまいます。そのような場合には、新しいタイプの葬儀社に葬儀を依頼するようにすると良いでしょう。これまでの葬儀社は従来の通夜と告別式を2日にかけて行う事に対応することが多かったのですが、新しいタイプの葬儀社は利用者の希望に合わせて葬儀のスタイルをアレンジすることも可能になっています。アレンジの仕方によって、葬儀の費用を大幅に削減することも可能になってきます。

たとえば、通夜と告別式をまとめて行ってしまうことも可能ですし、火葬だけを行うということもアレンジ可能となっています。また、会葬者を呼ばずに家族だけで小規模で葬儀を行う家族葬のスタイルにも対応してもらえます。新しいタイプの葬儀社はネットサイトなどを調べてみれば簡単に探し出すことができますので、市役所に相談することができない場合にはこのようなタイプの葬儀社を考えてみてもいいでしょう。