葬儀後は市役所に申請して給付金を受け取る

故人の冥福を祈る儀式として葬儀を行うことが遺族の役割ではあるのですが、少子高齢化の時代にあって、葬儀の費用はかなり大きな負担になってしまうこともしばしばです。その為に最近では家族葬のような簡略化が行われるようにもなってきています。しかしながら、簡略化ができたとしても葬儀を行わない訳ではありませんので、一定の費用は必ず必要になってきてしまいます。葬儀を行った場合は、申請をすれば給付金を受け取ることができるため、葬儀費用の一部を補うことが可能です。

国民健康保険に加入していた被保険者の葬儀を行った場合、市役所の保険年金課で申請の手続きを行うことで、葬祭費給付金を受け取れる制度があります。また、市民のかたの収入に応じて市役所から一定の補助が出ることもあります。故人が社会保険の被保険者だった場合は、市役所での手続きとは異なり、加入していた健康保険組合で手続きを行うことで、埋葬料給付金を受け取ることができます。自治体ごとに色々な制度が整っていますので、自分が住んでいる自治体の役所に問い合わせてみることがおすすめです。

費用の事は非常にデリケートな部分ではありますが、故人のために葬儀を行うことは遺族の果たすべき義務ですので、役所に遠慮なく相談して、問題の解決を図っていくようにすることが必要です。